So-net無料ブログ作成

【 ヴの無い世界 】 [雑学]

【 ヴの無い世界 】

 

いささか旧聞ですが、外国の国名表記から「ヴ」の字がなくなったそうです。

何でも外務省が法案を提出して国会で決めたとのことですが、外国の名前の呼び方が法律で決まっていたとは、寡聞にして知りませんでした・

・・・・・・

しかし、その決め方というのが、よく理解できません。普通、法律というのは、お上(おかみ)が最初に決定して、国民に知らしめ、国民がそれに従う・・・という仕組みになっています。

・・・・・・

しかし、今回は巷間で使われる庶民の言葉の頻度を調べ、もう使われないから・・ということで、法律がそれを追認するというものです。一体何のための法律か?と思います。それ以前に行政の主体性の無さというか、国民への迎合は何だ?とさえ思います。

・・・・・・

マスコミにはその法案作成に尽力した若い課長補佐が登場します。

https://www.nhk.or.jp/politics/articles/feature/15156.html

彼は目の前に膨大な書籍を置き、それらを読んで、誰も知らないような小国の名前がどのように表記されるかを解析したとのことです。全く分かりません。

・・・・・・

今は、パブリッシュされる文章が、純粋に活字にとどまることはあまりなく、多くはデジタル化されます。それなら手作業で調べなくても、外国の天才達が開発した検索エンジンを使えば、一瞬で検索できます。彼が手作業で何カ月もかける作業がほんの一瞬の作業になります。彼は一体何のためにそんな労力をかけたのか?

・・・・・・

それにしても暇な役所です。「セントクリストファー・ネーヴィス」が、「セントクリストファー・ネービス」になったところで、何の意味があるのか?そんなことに時間を費やすくらいなら、もっと他にすることはないのかい?

・・・・・・

外務・防衛・警察・公安といった治安に関わる役所が暇を持て余すというなら、これは大変結構なことですが、実は今、外務省は問題山積で多忙を極めている筈です。

・・・・・・

北朝鮮問題、それに輪をかけて頭痛の種である韓国問題、日本にすり寄り始めた中国との関係、四島を返さないロシアの問題、通商問題で無理難題をふっかける米国、EUを離れる英国の問題、外国人労働者の受け入れの問題、数は多いが質が伴わない留学生や研修生の問題・・・。戦後かって無かったほど、外務省は多くの問題を抱えています。そもそもソウルの日本大使館の新築工事の案件も宙ぶらりんです。

・・・・・・

来年の東京オリンピックも一大イベントですが、それより目前に迫った即位の礼こそ、日本最大の慶事で、各国からVIPが集まります。その出迎え、応接、警備その他で、外務省はてんてこ舞いだそうです。外務省始まって以来だそうですが、他の省庁から応援部隊を受け入れ、急場をしのぐことになっています。

それなのに、ひたすら書物を調べ、ヴの文字を探す・・というのは、有為な若い課長補佐のやることか?

・・・・・・

話題を変えましょう。

かつて明治から昭和の時代、日本語の仮名では表現しにくい発音をなんとか表記するために、人々は苦労しました。ウィスキーだって、昔は無理やりウヰスキーと書いたりしました。VBの違いにこだわる人は、Vの発音にはヴを用いたのです。

・・・・・・

とりわけイデオロギーにこだわる人達には、ヴは大切な文字でした。 ソ連はソビエトではなくソヴィエトでしたし、「東方」と言う意味を持つ宇宙船はボストークではなくヴォストークでした。ウォッカは確か・・ヴォトカだったような(あまり自信はありません)。

・・・・・・

しかし1991年にソ連が崩壊し、マルクスレーニン主義者は心の故郷を失いました。もうソヴィエトだろうがソビエトだろうがどうでもよくなったのです。そしてその後四半世紀以上を経て、ついに若い課長補佐の手によって、ヴは葬り去られるのです。合掌。

・・・・・・

しかし、国名以外の名詞で、ヴに愛着を持つ人はたくさん残っています。イデオロギー関係なしです。お金持ちは、ルイ・ヴィトンはやはりルイ・ヴィトンでなくちゃ・・と思うでしょうし、お金持ちでないオヒョウもやはりヴにこだわります。

・・・・・・

ポール・ヴェルレーヌの「秋の歌」を上田敏が翻訳し、「海潮音」に「落葉」として納めています。「秋の日のヰ“オロンのためいきの身にしみてひたぶるにうら悲し」。

一方、フランス文学の泰斗 堀口大學の訳では、「秋の日のヴィオロンの・・・」になり、

金子光晴の訳では、「秋のヴィオロンが・・」になり、窪田般弥の訳では「秋風のヴァイオリンの・・」になります。 誰一人として「ビオロン」や「バイオリン」と表記する人はいません。 実際のところ、「秋の日のビオロンの・・」では全く興ざめです。

・・・・・・

私は、国名は仕方ないとしても、文学の世界だけはヴを無くさないで欲しい・・と思います。

・・・・・・

再び話題を転じます。中央省庁では、若いキャリア官僚を他省庁に出向させて武者修行させることが多くあるそうです。つまらないセクショナリズムに陥らないよう、また他省庁の人と交流することで刺激を受けると同時に、視野を広げますし、人脈を作るうえでもいい機会です。前述の通り、外務省も他省庁から人を受け入れるそうです。

・・・・・・

さて、多くの書籍を調べて、ヴを抹殺する方案を作成した、くだんの課長補佐ですが、彼も孤独な作業から解放され、視野を広げるために他省庁に出向する機会があるかも知れません。それは結構なことですが、文科省だけは勘弁してください。言葉狩りや文字狩りをされては困ります。泉下の上田敏や堀口大學が「ひたぶるにうら悲しく」思う事でしょう。


nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。