So-net無料ブログ作成

【 時速350kmの持つ意味 その3 】 [鉄道]

【 時速350kmの持つ意味 その3 】

 

中国上海の浦東空港と都心龍陽路を結ぶリニアモーターカーは、ドイツのトランスラピッドを実用化したものです。その建設工事で、購買担当者が勝手に電線ケーブルの仕様を変更して安物のケーブルに置き換えました。やがてそのケーブルは燃えだし、ドイツ人技術者は怒りまくり、元の仕様のケーブルに戻させるという出来事がありました。リニアが開業する直前の頃の話です。

・・・・・・

しかし、実は購買担当者が勝手に規格や仕様を見直し、安価品に切り替えるというのは、中国ではごく当たり前のことなのです。その差額は自分の懐に入れる訳で、そうやって副収入を得るというのは購買担当者の才覚のように言われます。つまり悪いことではなく、要領の良さとして、プラスに評価するのです。

・・・・・・

この悪しき習慣は中国人のモラルの低さを示すと同時に、中国製の全てのものの信頼性を下げる理由になっています。無論、高速鉄道を建設する場合にその悪しき習慣は駆逐されたはずですが、未来のことは分かりません。

・・・・・・

ある事業が始まって一定期間が経つと、必ずランニングコストの低減を求められるのが世の常です。これは日本も同じです。特に営業赤字が累積する事業ではそうです。

中国の場合、国有鉄道の累積赤字または有利子負債は邦貨換算で80兆円と言われていますが、実はずっと多いと思われます。

・・・・・・

中国の鉄道は、かつての日本の国鉄と同じように、建設は政治が判断し、建設費も国が負担する仕組みで、運行する事業会社は営業損益だけに責任を負います。営業損益だけで累積数十兆円(有利子負債額とイコールではありませんが)であれば、建設費の分も載せると、百兆円をはるかに超えると思われます。これはいかに経済大国の中国といえども、許容できる金額ではありません。

・・・・・・

中国は高度成長の過程で、全ての予算が膨らんでいます。高速鉄道、高速道路、空港といった目立つ交通インフラ、高層ビル群、海軍、空軍の武器・兵器、宇宙開発といった国威発揚に役立つ目立つ分野に加えて、AI研究投資、アフリカ諸国へのODA等も、日本をライバル視したこともあり、増える一方です。

・・・・・・

GDPや税収の伸びが鈍化した後も、これらの予算は増える一方で抑制が効きません。

左派系のマスコミは、日本こそが先進国中で最も借金が多い財政破綻国家だと言いますが、中国はその上を行く借金大国のはずです。中国政府はその数字を明らかにしませんし、日本のマスコミはそれを報道しませんが・・。

・・・・・・

しかし、中国は日本以上の速度で少子高齢化が進み、近い将来、経済の縮小期に入ります。その段階で、膨大な高速鉄道の赤字を放置できるとは思えません。

人口が希薄な西域の砂漠地帯に、誰も乗らない超特急を走らせ続ける道楽は、中国といえども無理です。

・・・・・・

日本では、東海道新幹線が開業した昭和39年に、国鉄が赤字に転落しました。その後、赤字は雪だるまのように膨らみ続けましたが、一方で政治による赤字新線の建設が続きました。 そして有利子債務が累積で2兆円に達した時点で、分割民営化が断行されました。

・・・・・・

しかし、中国では、政治的理由から赤字の国営企業の分割民営化は難しいのです。鉄道に限らず国営企業の非効率と赤字は、中国の宿阿と言うべき問題なのですが、遅々として改革は進みません。それに分割となると、中央集権化によって地方閥を潰そうとする習近平政権にはできない相談です。

・・・・・・

そうなると、中国の鉄道は赤字を膨らませながら突っ走るしかありません。そこで無言の圧力として現場にかかるのはコストダウンの要求です。 より安価なボーガスパーツへの切り替え、保全作業の手抜き等の誘惑にかられます。 その一方で高速化を進める訳で、高速鉄道の安全が担保されるか・・・私には疑問です。

・・・・・・

高速化による老朽化加速・延伸による赤字の増大

  ↓

交換部品の安価品への切り替え、作業の手抜き。

  ↓

事故の多発

  ↓

信用失墜

  ↓

旅客離れ

  ↓

赤字の増大

・・・・・・

という悪循環が火の車のように回りながら転がり落ちていきます。宇治拾遺物語では、地獄からの迎えである恐ろしい存在として「火の車」が登場しますが、高速鉄道の延伸と高速化に伴う中国鉄道の「火の車」は、中国経済にとってまさに恐ろしい存在です。

・・・・・・

でも、中国人ならこう言います。

「なあに、中国では、高速鉄道や劉志軍のずっと前から鉄道は『火車』だよ」


nice!(1)  コメント(0) 

【 時速350kmの持つ意味 その2 】 [鉄道]

【 時速350kmの持つ意味 その2 】

 

前回、申し上げた通り、高速鉄道は安全面から制限速度のマージンを多めにとっています。在来線の福知山線(宝塚線)のカーブでは、時速数十kmの速度超過で脱線事故が起こりましたが、新幹線はもっと余裕をみて設計しています。 

・・・・・・

そもそも直線が多く、急カーブは少ないとされる中国の鉄道の場合、時速350kmを出してもすぐに脱線する心配はあまりないでしょう。

・・・・・・

でも問題はこれからです。今は線路も新品で、車両も新品、運転する人も保線をする人も緊張して仕事をしています。でも今後、5年、10年経てばどうなるのか?

・・・・・・

日本の新幹線の場合、最初から完璧な鉄道だった訳ではありません。新幹線の安全技術は長い時間を掛けて熟成した技術であると言えます。最初の頃は50Kgレールでしたが、強度不足による折損事故が発生し、60Kgレールに変更すると同時に、ロングレールの溶接方法をテルミット溶接から電気溶接に変更しました。

・・・・・・

また日々の保線作業時間を確保するために、終電から午前6時までは列車を運行しません。夜間については、せっかく設備投資した東海道新幹線だから、夜間も有効活用したいということで、貨物列車を走らせるとか、寝台車を設けて夜行列車を走らせるという考えがありましたが、保線作業優先の観点から全て却下されました。

・・・・・・

中国の高速鉄道の場合、寝台車もあり、夜間も走行します。深夜の時間帯は必ず保線作業にあてるという発想がありません。これは長い間に大きな問題として浮上します。

・・・・・・

機械工学で、ここ2030年の間に急速に進歩した分野に、金属材料の疲労強度の理論があります。破断荷重未満の繰り返し荷重を受ける金属製の機械部品がいつか破壊に至る現象を疲労破壊と言いますが、昔(オヒョウが学校にいた頃)は、不明な点が多くありました。製鉄機械では「雨だれ法」といって、負荷荷重レベル毎に累積値を求めて閾値を設定する方法が用いられました。さらにS/N曲線を用いて寿命を予測する理論が登場し、機械寿命の理論は大きく進展しました。しかし、まだ不完全です。S/N曲線の理論は、演繹法というより帰納法です。いたずらに寿命曲線を外挿して、予測してはいけないのです。確認された範囲を超えた条件下での破壊については分かりません。

・・・・・・

専門外の方には何を言っているのか、分からないかも知れませんが、要は時速300KmOKだったから、時速350Kmでも大丈夫だ・・とは安易に言えないということです。つまり、最高速度を上げるには、十分な量の信頼できるデータが必要だということです。

・・・・・・

日本のJRでは、大量輸送向きで通勤にも便利だった二階建て新幹線を取り止めます。軌道の傷みを調査した結果、重たい新幹線車両は使うべきでない・・と判断したからです。日本の新幹線は誕生後50年経っても、慎重に調査研究を続けています。

・・・・・・

だから車両や軌道の疲労寿命や疲労強度を考えた場合、営業開始後、わずか数年間で時速350Km可能と判断してはいけないのです。

・・・・・・

逆説的ですが、どれだけスピードを出せるかは、どれだけ減速できるか、つまりブレーキの性能にかかっています。日本の場合、海底地震計に大きな揺れを感じたら、瞬時に緊急地震速報が出され、走行中の新幹線には自動的にブレーキがかかります。揺れが到来する前にどこまで減速できるかがカギです。地震国日本の新幹線では地震発生時の安全な停車が至上命題です。新潟中越沖地震でも、東日本大震災でも新幹線の乗客に死傷者はありませんでした。

・・・・・・

中国の高速鉄道の場合、モーターの大出力化で、スピードは出せるでしょうが、ブレーキがどこまで強化されたのか、報道を見る限り、不明です。そして中国も日本と同様に地震国です。中国に緊急地震速報に類するシステムがあるか? あるいはあったとして、今現在中国全土を網羅する高速鉄道網全体をカバーしているのか…不明です。尤も、ブレーキ性能が良すぎて、時速350Kmから急停車されても困ります。だって鉄道の乗客はシートベルトをしないのですから。

・・・・・・

機械系のシステムの良しあしは、完成した時点ではなく、一定期間、使い込んだ後に分かります。高速鉄道の場合、完成時点でなく、長期間運用してからの評価となります。

・・・・・・

俗に機械系の故障発生確率の推移はバスタブ型を描くとされます。

稼働当初は初期故障で多くのトラブルが噴出しますが、それらはすぐに対策が取られて、故障確率は激減します(これはバスタブの垂直の壁に相当します)。

その後、故障の少ない安定期が継続します(バスタブの底の部分です)。

やがて、経年劣化が進行し、老朽化によってじわじわと故障確率が上がっていきます。

(バスタブで背中をもたれかける緩やかな勾配です)。

・・・・・・

設備の寿命延長とは、平らな底の部分をいかに長くし、老朽化による故障確率の増加の到来をどう遅らせるか・・です。新幹線のような重要な社会インフラは、古くなったから交換するという訳にはいきません。(もちろん、車両はどんどん更新しますが、線路はそうはいきません)。寿命延長は、故障率が低い安定期の内に、対応する必要があります。

・・・・・・

日本の新幹線はまさに老化防止技術の塊です。本当なら、原子力発電所も、老化を研究する重要な対象でした。強烈な放射線を浴びた材料組織の劣化は、通常とは異なります。しかし、福島の事故以来、原子力発電所は政争の具になっています。

・・・・・・

脱線しましたが、話を元に戻します。今の中国には古い設備をメンテナンスしながら長期間使い続けるという発想があまりありません。日本であれば、半永久的な設備と言える製鉄機械ですら、短期間で投資した金額が回収でき、多少儲かれば、後は壊れてもいいじゃないか・・という発想で、長期間持たなくてもいいから、その分安く作れ、という発想です。

・・・・・・

高速鉄道や高速道路、超高層ビルまでそういう設計理念だとは思いたくありませんが、もしそうなら、事故の危険性は、時間の経過とともに増大します。バスタブは意外に狭いのです。

・・・・・・

中国の高速鉄道が、日本の新幹線を参考にしても構いません。大事なのはスマートな車体の形状などより、設備保全の考え方、どこにお金と技術を投入して設備を安全に維持するかというノウハウです。そこを日本の新幹線から学んでほしいのですが、これは目に見えないもので、盗むのも学ぶのも難しいものです。だから、中国の高速鉄道は運行開始後、年月が経ってからの方が怖いのです。

・・・・・・

中国の高速鉄道の危険性が増すのは何時頃なのかは、私には分かりません。しかし確実に言えるのは、時速300Kmから時速350Kmに変更することでその時期は早まります。

・・・・・・

しかし、本当に憂うるべき問題は別のところにあります。

 

以下、次号


nice!(1)  コメント(0) 

【 時速350kmの持つ意味 その1】 [鉄道]

【 時速350kmの持つ意味 その1】

 

中国の新華社通によると、中国の高速鉄道が時速350kmの速度を復活させたそうです。本ブログでは元記事ではなく、朝日新聞の二次情報の記事を紹介します。

http://www.asahi.com/articles/ASK7W7DCQK7WUHBI02N.html

 

しかし何度読んでも、この記事は、私にはさっぱり意味が分かりません。要点を整理します。

 

1.もともと、中国の高速鉄道は、時速350kmを出す性能があったが、温州市付近で発生した追突事故を理由に、最高速度を時速300kmに制限していた。このほど、安全性が確認されたので、時速350Kmに制限速度を戻した。

 

→ この文章は不可解です。そもそも温州市の追突事故は、トラブルで本線上に停車していた先行電車に後続の電車が追突したもので、原因は信号システムの不具合と、変則的なダイヤ編成(後続の電車が先行の電車を追い越していた)です。そして信号システムについても、ダイヤ編成問題についても抜本的な改善がなされたとの報道はありません。くどいようですが、追突事故は速度が速すぎて発生したものではありません。だから制限速度が時速350Kmだろうと時速300kmだろうと大きな違いはなかったはずです。それなのにどうして最高速度を制限し、そして今度は元にもどしたのでしょうか?

 

2.中国の高速鉄道は実験的に時速420kmを出したことがあり、時速350kmでも問題ない。

 

→ 実験で記録する最高速度と営業運転の最高速度の関係はあまりありません。それを言うなら、日本の新幹線だって20年も前に時速443kmをだしていますし、中国の最高記録も時速487.3kmです(かなり無理をしていますが)。

・・・・・・

という訳で、この記事はピントがずれています(これは朝日新聞の問題ではなく、中国の公式発表の問題です)。

そもそも、中国が高速鉄道の最高速度を制限したのは、政治的理由からだと私は思います。

もともと中華人民共和国鉄道部(いわゆる鉄道省)は、人民解放軍隷下の組織でした。私が乗車した時、女性車掌の制服が軍服みたいに見えたのも、現役軍人と退役軍人が、駅の待合室で特別扱いで厚遇されていたのもそのせいかも知れません。そして人民解放軍は独立性が高く、しばしば政府の言うことを聞きません(ちょうど、戦前の日本陸軍みたいなところがあります)。その結果、鉄道部の最後の部長だった劉志軍は好き勝手をして、賄賂は取り放題、国家財政には巨大な赤字を負担させ、さらには外国を挑発するような尊大な態度を取りました。聞けば彼には愛人が十数人、別荘が十数軒、受け取った賄賂が十数億円というバケモノみたいな汚職官僚でした。愛人十数人・・が事実かどうか、確認しようもありませんが、私は古い流行歌を思い出しました。

 僕は特急の機関士で、可愛い娘が駅ごとに、いるけど3分停車では、キスする暇さえありません ♬

話が下品になりましたが、そんな存在を生み出したのは人民解放軍鉄道部の独立性です。日本でも佐藤栄作の頃、国鉄一家という存在がありましたが中国に比べると可愛いものです。

・・・・・・

ある日、中国の高速鉄道は、日本の新幹線の技術を元に造られているとの指摘に対し、劉志軍は「時速350Kmへの高速化の技術は100%中国で開発されたものだ。(速度が遅い)日本の新幹線にも、この技術を売ってやってもいいぞ」とうそぶいたことがあります。この発言は日本でも問題になりました。

・・・・・・

中国では日本を侮辱したり愚弄したりすることは、特に問題になりませんが、なぜかその時は習近平の逆鱗に触れました。彼は失脚し、訴追され、執行猶予付きの死刑判決が確定しました。そして伏魔殿のような鉄道部は解体されました。もちろん、この発言だけが原因ではなく、彼を汚職追放キャンペーンの標的にして、鉄道部にメスを入れたいという習近平の思惑の結果です。

・・・・・・

高速鉄道の時速350Kmの運行は、彼の業績の象徴のように扱われていました。だから彼の失脚と同時に、技術的な理由はともかく、時速350kmの看板は引っ込められたのです。 そして、ほとぼりが冷めた頃に、時速350Kmは復活したのです。

では技術面からみて時速350Kmに問題はないのか?

 

それについては次号で


nice!(1)  コメント(2) 

【 金沢文庫 その4 】 [雑学]

【 金沢文庫 その4 】

 

「金沢文庫に、鳥獣戯画のコピーはありますか?」という私の質問に、彼女は「ありません。ご承知の通り、鳥獣戯画のオリジナルは京都高山寺ですから、ここでは見られません。 ひょっとしたら、50年前に何かの催しで、鳥獣戯画を借り受けて、金沢文庫で公開した可能性はありますね」

・・・・・・

そこから、学芸員の話はさらに広がります。

「博物館の催しでは、多くのお客様に来て頂く為に、話題性があったり人気のある作品を借りてきて展示するという事がよくあるのです。 特にビジュアル系の絵巻物とか仏像類にはお客様が集まります」。

・・・・・・

この考えはよく理解できます。古文書や古い経典は漢字ばかりが並び、一般者にはまず読めません。したがって仮に有名人物が書いた貴重な文献であってもなかなか興味は湧かないのです。でも、絵巻物などの絵はそうではありません。誰もがその芸術性を感じることができます。

・・・・・・

「すると絵巻物などを展示するイベントを開くと、お客さんが集まるのですね?」

「そうです。でも逆に特別展でにぎわう会場を避けて常設展の会場を行くと、掘り出しものに出会うことがあるのですよ。 特別展示会は、他人と逆の行動を取るといいかも知れませんね。 私は、先日京都の国立博物館を訪問した時、特別展を避けて、常設展の展示館に行き、ゆっくりと真珠庵本の「百鬼夜行図」を見る事ができました」

・・・・・・

百鬼夜行図は、江戸時代に多く描かれ、全国にいろいろな作品がありますが、その本家とされるのが大徳寺真珠庵の「真珠庵本」で、室町時代に描かれたとされる、特別な存在だそうです。

「なんといっても、絵巻物の最後には柊(ひいらぎ)とイワシの頭も登場しましたからね」女性の学芸員は、その絵巻物を見ることができた幸運を強調します。

しかし恥ずかしながら、「百鬼夜行」について、私は全く無知なのです。

(困った。話題を変えなくては・・)。

・・・・・・

「博物館としては、いろいろな催しを開いて、来館者の数を少しでも増やしたいところでしょうから、今ならさしずめ若い女性に人気のある天平期の仏像などの展示会を開けば、人は集まるでしょうね?」とオヒョウ。

「いえ、それを考えるなら、今なら刀剣類ですね。もう仏像ガールのブームは去り、刀(かたな)ガールの時代ですよ」と学芸員。

・・・・・・

(でも、日本刀を評価するには単なる審美眼の他に、最小限の冶金・金属学の知識が必要です。昨今の刀ガールの知識は、文字通り「付け焼刃」だろうし、そのブームも長くはないだろうな・・)と考えたところで、学芸員は、

「でもね、当館はそのような客寄せパンダを使って、人を集める興行的な考えは持っておりません。一時のブームに乗っかるような、発想はありません。 じっくりと資料を閲覧したい方のために資料を展示しています」 とピシャリと言われてしまいました。

・・・・・・

やれやれ

白氏文集の金沢文庫本の資料は無いと聞き、少し落胆した私は、受付のカウンターを離れて、2階の図書室に向かいました。

図書室には、司書がひとり、閲覧者もひとりしかおらず、静まり返っています。

書架を見れば、仏教関係の書籍や雑誌、そして漢籍に関する資料も非常に充実しています。

・・・・・・

その中に、なんと明治書院の「新釈漢文大系’97」が全冊揃っているではないですか。これは漢文を学ぼうとする人には貴重な書籍です。その中に岡村繁先生らがまとめられた白氏文集 全12巻が含まれています。

・・・・・・

白氏文集のオリジナルが全76巻なのに、解説本が全12巻とは少し奇異な感じもしますが、初学者であるオヒョウには、この解説本がありがたい存在です。いきなり金沢文庫本に挑戦するより、こちらを熟読する方がよほど合理的だな・・と気づきます。

・・・・・・

それにしても、この「新釈漢文大系」を眺めていて思います。白氏文集だけで、膨大な数の研究者が一生をかけて調べ、考察しているのだなぁ・・と、改めて先人の偉大さに気付きます。

・・・・・・

理科系の学校を出て、漢文も読めないアマチュアの私がこれから読むとしても、ホンの上っ面をなぞるだけで、私独自の新しい解釈も、新しい事実も得られないだろうな・・とちょっと寂しくなります。

・・・・・・

(まあ、それは仕方ないとして、これから、時々、時間を見つけて金沢文庫に来て、白氏文集の勉強をすることにしよう・・・・)

図書室を出て、そんなことを考えながら、私は金沢文庫駅に向かう道を歩き出しました。

 

以下、次号金沢文庫2.png 

同じ金沢文庫本でも、宋版南史の方は活字印刷があったようです。これは、金沢文庫の入館チケットです。


nice!(1)  コメント(0) 

【 金沢文庫 その3 】 [雑学]

【 金沢文庫 その3 】

 

9月中旬の日曜日、私は再び金沢文庫を訪問しました。駅からの道を歩きます。9月に入っても、やはり日差しは強く汗は噴き出します。

「あかあかと日はつれなくも秋の風」という、芭蕉が私のふるさとで詠んだ句を思い出しながら、金沢文庫の玄関に入ります。

・・・・・・

受付の若い女性に最初に尋ねます。

「白氏文集の金沢文庫本に関する資料を見たいのですが、どちらに行けばよろしいでしょうか?」

若い女性の顔が一瞬こわばり、「ハクシモンジュウ?ですか?」と聞き返します。

「ハクシブンシュウ」と発音した方がよかったかな・・と一瞬思いましたが、発音の問題ではなさそうです。 受付嬢は「学芸員を呼んでまいりますので少しお待ちください」と言って、奥にはいります。

・・・・・・

まもなく、私と同じぐらいの年齢の女性の学芸員が登場し、にこやかに笑いながら、いっきに説明を開始しました。

「ご照会の金沢文庫本は、現在、金沢文庫には全くありません。ご承知のように三井財閥や五島財閥に買い取られ、それぞれの美術館に収蔵されています」

「でも、それらの複写本とか解説した資料、研究資料等はここに残っていないのですか?」

「全くございません。 でも、お客さんは幸運です。なぜなら、もうすぐ、ちりぢりになった金沢文庫本が里帰りして公開される行事が予定されているからです」

彼女は、手元のパンフレットを示し、11月から鎌倉時代の資料を集めて公開・展示する催しがあることを示しました。

 金沢文庫 唐物.png

 

・・・・・・

「それだけではありません。日本で恵蕚(エカク)研究の第一人者である、関東学院大学教授(前副学長)の田中史生先生が講演を予定されます。お会いになった時に、いろいろと質問できると思いますよ」

・・・・・・

恵蕚(エカク)とは、遣唐使として中国に渡り、蘇州の禅寺にこもって、一心に白氏文集をコピーした人物です。金沢文庫本の作者とされ、白楽天の研究家の間では知られた人物です。 その恵蕚研究の第一人者が関東学院大学におられるとは知りませんでした。 

http://www.chugainippoh.co.jp/ronbun/2015/0220-001.html

考えてみれば、関東学院大学は京浜急行で一駅の距離にあります。

白氏文集の研究者がおられるのも、ある意味で当然かもしれません。しかしなぜ経済学部なのか?。

・・・・・・

それにしても、恵蕚なる留学僧、面白い人物のようです。普通、遣唐使として留学した者は、仏者であれば、まず経典を筆写し、仏教思想を学びます。実学を目指す者は、医学、農業、食品工業、軽工業の技術などを学びます。

・・・・・・

しかし、恵蕚白氏文集という文学を選んだのです。実学ではなくリベラルアーツを選ぶというのは、国費留学生としては、思い切った判断です。明治時代、夏目漱石が英国に国費留学した頃も、実学を学ぶ者が多く、文学を学ぶ漱石は肩身が狭かったことと思いますが、恵蕚もそうだったかも。

・・・・・・

学芸員の女性の話は続きます。「恵蕚が白氏文集の筆写に励んだ839年頃、68歳の白楽天は洛陽に居て、恵蕚に会っていません。一方、恵蕚は蘇州の南禅院千仏堂にこもって作業を続けていたのです。 会ったことはないけれど、恵蕚は白楽天から強い影響をうけたのでしょうね」

・・・・・・

その時期、白氏文集のオリジナルの原稿は、一部が蘇州、一部が廬山にあった模様です。蘇州にあったのが、今の南禅院本です。 金沢文庫本は蘇州にあった原稿を元にしたものです。 その時期、唐では仏教が迫害にあっており、非常に厳しい環境下での恵蕚の作業を、南禅院の多くの学僧は応援し、温かく見守ったのだそうです。

・・・・・・

「蘇州南禅院千仏堂か・・・」

私は、中国を離れることが決まったあと、ガイドをかってでてくれた女性と、日帰りの蘇州巡りをしました。観光客でごった返し、喧噪と埃で、風趣が全くない寒山寺や虎丘、拙政園ではなく、もっと静かで落ち着いた寺院を回ったのです。その中に南禅院はありました。静かで美しく落ち着いた世界でした。 中国を去り帰国せねばならないことを少し悔しく思ったのを思い出します。

・・・・・・

恵蕚がいた寺院がそこなのか確証は持てませんが、そこで大昔、留学生が漢詩を必死に筆写していたのか・・と、思わず、感慨に浸ります。

・・・・・・

ぼんやりとしている私に学芸員は「田中先生の講演会の日程は近い内にホームページに公開されますので、それを見て、予定をお立てください」と話します。

まるで、私が虫干し期間中(燻蒸処理期間中)に来て、空振りだったころを知っているみたいです。

・・・・・・

そこで、私は彼女に50年以上前に見た記憶について質問しました。

「金沢文庫に、鳥獣戯画のコピーはありますか?」

 

以下、次号


nice!(1)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。