So-net無料ブログ作成
日本語 ブログトップ

【 官と呼びたいその心 】 [日本語]

【 官と呼びたいその心 】 

車で移動中にNHKラジオを聞いていたら、ある歌人が佐佐木信綱の紹介をしていて、「お孫さんの佐佐木幸綱さんも歌人で早稲田大学教授ですが、先ごろ退官されました」と言っています。

・・・・・・

「 あれっ? 早稲田大学なら退職ではないのか? どうして退官なんだい? 」とオヒョウは思いました。昨今は学校にもいろいろあって、半官半民の第三セクターの学校もあります。だから、官立(国公立)学校と私立学校の境界はあいまいになっているかも知れませんが、それでも在野精神旺盛な私学の雄、早稲田大学の先生なら、退官のはずはないじゃないか?・・と私は思います。

・・・・・・

考えてみれば、役人でもないのに、という言葉を使いたがる人はたくさんいます。民間企業に就職する際、面接にあたる担当者を「面接官」と呼んだりします。 官庁が主宰する試験でなくても、試験を行う人を「試験官」と呼んだりします。

・・・・・・

さらに言えば、民間の自動車学校の指導員を「教官」と呼んだりします。指導員自身は、正確でなくてはならない・・という事なのか、あくまで自分を指導員と言いますが、生徒の方から「教官」と呼ぶのは不思議です。

・・・・・・

お役所が行う自動車運転免許試験と、民間の自動車学校での教習・指導とを混同しているのでしょうか? それとも官尊民卑の発想の元、先生をとして扱う事でゴマをするのでしょうか? ちょっとそこのところは分かりません。

・・・・・・

そして「教官」と言えば、思い出すのは、30年前のTVドラマ「スチュワーデス物語」です。 これは飛行機の客室乗務員が少女達のあこがれの職業であった頃、日本航空の全面的な協力の元に制作された、一種のコメディでご記憶の方もいるはずです。

・・・・・・

当時、独身のオヒョウはテレビを持っていませんでしたし、テレビを見る時間もありませんでした。そして時間があったとしても、そんなミーハーなTVドラマは見なかった・・と思います。しかし、そんなオヒョウでも記憶する場面があります。

・・・・・・

主人公のスチュワーデス訓練生が、「教官!私はドジでノロマな亀です」と自嘲的に語る場面です。「あれ? 日本航空は民間会社ではないのか?」 当時、日本航空は完全民営化前の特殊会社でしたが、社員はではなくだったはずです。それでも社員にはの意識が紛々していたそうです。 (オヒョウの知る限りでは、そんな感じの人はいませんでしたが・・・)。

・・・・・・

そもそもスチュワーデスとは、厳しい教官の指導の元に訓練を受けなければ、こなせないほど、高度に専門的な職業なのかなぁ・・という素朴な疑問は別にして、このドラマの中に頻繁に登場する「教官」という呼称に誰かクレームしないかな?なんてオヒョウは思っていました。

・・・・・・

しかし、視聴者からも日本航空からもクレームはなかったようです。これはなぜなのか?「官」という言葉の定義に人々が無頓着で、言葉の誤用と思わないのか、それとも日本航空が、自他共に認める官僚の世界だからなのか・・・・?

・・・・・・

オヒョウは必ずしもそうは思いませんが、民間会社なのに、お役所的な意識を持っていたら、いずれ経営は破綻する・・という意見があります。今頃、それを言っても遅いのですが、果たして日本航空は経営破綻しました。「教官」と呼ばれ、自分を官吏と錯覚していた人はハローワークに通うことになるのかも知れません。

・・・・・・

考えようによっては、会社更生法の適用は、悪しきの意識を払拭するいい機会なのかも知れません。 今後、制作されるかも知れない、スチュワーデス物語の続編では「教官」ではなく「先生」と呼ぶかも知れません。

・・・・・・

しかし、この問題は日本航空だけではありません。鉄道も同じです。JRはすったもんだの末に、国鉄が民営化された民間会社ですが、地方に行くと、自治体も出資した第三セクターの鉄道があります。

・・・・・・

今、上越市で問題になっているのは、北陸新幹線の開業に伴い経営の見直しが必要となる並行在来線(つまり信越本線の一部)をどうするか・・という点です。 自公政権時代に、第三セクター化するという方針が決まっていましたが、民主党政権となって「前政権が決めた事は、とにかくひっくり返す」という方針の元、前原国交大臣はゼロベースでの見直しを打ち出しています(なんだか普天間みたいです)。

・・・・・・

民主党を支持する国労は、並行在来線をJRに留めるべきだ・・と主張します。 第三セクター化したら赤字になることは明らかなので、それを放り出すというのは不適当だという主張です。 確かに長野新幹線ができた後の、しなの鉄道の困窮を見れば、彼らの言い分も分かりますが、国労の主張は、従業者の待遇保証が目的であり、会社の経営や社会全体の事を考えてのものではありません。

・・・・・・

並行在来線の扱いを具体的にどうするべきかは、稿を改めて管見を述べますが、オヒョウが漠然と思うのは、官と民の事です。今、第三セクターに勤務する人の中には、国鉄に就職し、途中でJRになって民間企業の社員になり、それが今は半官半民の第三セクターに勤務するという、公務員だか民間企業人だか分からない人がいます。

・・・・・・

どの身分でもやる仕事は同じで、もくもくとこなすだけ・・とは思いますが、何度もの身分の変化で、自分は翻弄されている・・と思う人がいるかもしれません。できれば、最初から最後までではなく民間企業のサラリーマンとして仕事をする方が、すっきりするのに・・と思う人もいるかも知れません。


【 クビ長さん 】 [日本語]

【 クビ長さん 】 

最近、地方自治体の発言力が増し、政府・国政との丁々発止のやりとりがマスコミによく登場します。国政を担う大臣も「よく各自治体のクビ長さんと相談しながら進めていきます」などと、自治体におもねった表現をします。 

ところで「クビ長さん」って何だ? 

そこで思い出すのは子供の頃の社会科の授業です。

先生が 「県知事や市町村長など、自治体の一番偉い人を首長と言います。いいですか、酋長(シュウチョウ)ではありませんよ、首長(シュチョウ)ですよ」 と念を押されると、クラスの子供達はドッと笑いました。 

酋長と言えば、アメリカインディアンの部族長か、アフリカや南方の未開民族の部族長をイメージしてなんとなく滑稽だったからです。でもオヒョウは笑いませんでした。

 なぜなら酋長って何だろう?と疑問に思ったからです。 確かにインディアンで一番偉くて、大げさな羽根飾りを付けた人を酋長と呼ぶ事は知っていましたが、その言葉の意味を知らなかったのです。

・・・・・

だから、その首長をクビチョウと発音する事には抵抗があります。世の中には、重箱読みや湯桶読みの様に、一つの熟語で音読みと訓読みが混じる事がありますが、あくまで例外です。普通、熟語は音読みか訓読みで統一されるのが自然だと、オヒョウは思います。 

そして音読みで正規の発音があるのに、敢えて、訓読みを混ぜて変則的な読み方にする場合は、それなりの理由が必要です。具体的には、同音異義語との混同を避ける場合などです。

例えば、化学をバケガクと発音する事はよくありますが、これはご存知の通り、科学(カガク)との混同を避ける為です。

では首長の場合はどうか? 市長(シチョウ)、州長(シュウチョウ)、酋長(シュウチョウ)の聞き間違いを避ける為に、敢えて(クビチョウ)と発音するのかも知れません。 

でも、同じ首という漢字でも、クビと発音する場合と、シュと発音する場合では、微妙に意味が違います。クビは、肉体の部位を指す場合に用いますし、馘首など生殺与奪に関連する用語に用いる場合に用います。 シュの方はそれらの意味に用いる事もありますが、多くは、一番、最上位の意味で用いる時の発音です。英語で言えばprimeです。 意味が全く違います。

首相や首席、首長の場合は、あくまでシュであってクビであってはならないのです。

・・・・・・

しかし、人々の中には奇をてらって、敢えて変則的な読み方をする人がいます・・・。出発をわざとデッパツと読んでみたり、経常利益をケイツネリエキと読む人です。 かつて、製鉄所でオヒョウの上司だった人も、なぜか業績を部下に説明する時、得意になってケイツネ、ケイツネ・・と連発していました。計上と経常を混同しないために・・・という理由も考えられますが、技術屋で経理についての知識の非常に乏しい人だったので、本当にケイツネという、重箱読みが正しいと信じていたのかも知れません。或いは経理の専門用語を語るのが嬉しくて、気取ってみたのかも知れません。

・・・・・・・

TVに登場する政治家が、首長を本当にクビチョウだと思っているのか、それとも、格好をつけて湯桶読みで発音したのか、そこは分かりません。

しかし上記の通り、クビチョウという発音は適切と思えません。ましてマスコミを通じて、国民に語りかけるのに、俗称を使うのは上品な趣味とは思えません。

・・・・・・・

でももし彼らが、酋長と混同しないように、クビチョウと発音したのなら、そのウィットは評価できます。なぜなら全国の自治体のトップの中には、随分レベルの低い人もいる様で、首長と呼ぶより、酋長と読んだ方が似合っている場合も多い様に思えるからです。クビチョウという表現がその皮肉なら面白いのですが・・・。

・・・・・

今、マスコミには地方の声が多く報道され、国と地方の関わり方を見直すべきだという意見が聞かれます。

恐らく民主党政権は地方分権を更に進めるでしょう。 これは時代の流れであり肯定すべきものですが、玉石混淆の地方自治体の政治を思うと、地方への権限委譲の方法は慎重に考える必要があります。

本来、酋長と呼ぶべき首長はクビにする(クビチョウにする)手続きと引き替えに、財源や権限の委譲を図るべきだと、オヒョウは思います。

(今回のオチはかなり苦しいダジャレですが)


日本語 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。